KOBELCO
ご質問から資料請求までお問合せ

WWWを検索 kobelco-comp.co.jpを検索
サイトマップ
製品案内
Kobelion-VSスペック一覧
 
 
■空冷式(共通仕様)
 
 
VS115AD/AⅢ
VS175AD/AⅢ
VS245AD/AⅢ
周波数 Hz
50/60共用
吐出し空気量   m³/min
1.0〜1.15
1.55〜1.75
2.10〜2.45
吸込み条件
圧力
大気圧(1bar)
温度 ℃
2〜40
吐出し条件
圧力(ゲージ圧力)MPa
0.83〜0.6
温度 ℃
47以下(周囲温度30℃条件)
吐出し管径 A 20(R3/4) 25(R1)
圧縮機軸動力 kW 7.8 12.0 16.0
コンプレッサ用
モータ
公称出力 7.5 11.0 15.0
電圧 V 200/200・220
共通仕様 全閉、永久磁石形3相同期、F種
起動方式 インバータ
ファン用モータ出力 kW 0.75
潤滑油初期充填量 L
6(充填して出荷) 7(充填して出荷) 10(充填して出荷)
概略寸法(幅×奥行×高さ) mm 995×730×1230 940×820×1230
騒音値 dB(A)
54
55
59
 
■空冷式(ドライヤ一体型)
 
  VS115ADⅢ VS175ADⅢ VS245ADⅢ
ドライヤ
出口空気露点 ℃
圧力下10以下
消費電力 kW
0.41/0.44
0.42/0.50
0.70/0.85
冷媒
R134a、キャピラリチューブ R407C、キャピラリチューブ
概略質量 kg
352
357
364
 
■空冷式(コンプレッサ単体型)
 
  VS115AⅢ VS175AⅢ VS245AⅢ
概略質量 kg
322
327
324
 
吐出し空気量は、圧縮機吸込み条件に換算した値です。
出口空気露点温度は大気温度30℃、0.83MPa時の値です。
吐出し空気量はドレン析出時には約3%減少します。
必ず当社純正油“EXTRA-OILを充填してご使用ください。
騒音値は、無響音室にて、パッケージ前後左右4方向1.5m、高さ1.0mで全負荷時の測定値です。
圧縮空気は、直接人体に吸引する呼吸器系の機器には使用できません。
コンプレッサは設置場所の周囲空気によりユニット内を冷却していますので、
周囲温度が40℃を超えないように換気などに配慮してください。
外観・仕様につきましては予告なしに変更することがあります。
使用モータ枠は定格出力のS.F=1.1としています。
 
 
   
Kobelion-SGスペック一覧
 
 
■空冷式(共通仕様)
 
 
SG100AD/A [H]Ⅲ-7.5
SG155AD/A [H]Ⅲ-11
SG235AD/A [H]【HH】Ⅲ-15
周波数 Hz
50/60共用
吐出し空気量   m³/min
1.0[0.65]
1.55[1.0]
2.35[2.05]【1.81】
吸込み条件
圧力
大気圧(1bar)
温度 ℃
2〜40
吐出し条件
圧力(ゲージ圧力)MPa
0.83[1.27]
0.7[0.83]【0.93】
温度 ℃
47以下(周囲温度30℃条件)
吐出し管径 A
20A(R3/4) 25A(R1)
圧縮機軸動力
kW 7.8 12.0 16.0
コンプレッサ用
モータ
公称出力 7.5 11.0 15.0
電圧 V 三相200/200・220[400/400・440]
共通仕様 全閉、3相カゴ形誘導
起動方式 ソフトスタート
ファン用モータ出力 kW -
潤滑油初期充填量 L
6(充填して出荷) 7(充填して出荷) 9(充填して出荷)
概略寸法(幅×奥行×高さ) mm
1,100×675×1,290
騒音値 dB(A)
54
55
56
 
■空冷式(ドライヤ一体型)
 
  SG100AD [H]Ⅲ-7.5 SG155AD [H]Ⅲ-11 SG235AD [H]【HH】Ⅲ-15
ドライヤ
出口空気露点 ℃
10
消費電力 kW
0.425/ 0.45
0.37/0.4
0.43/0.46・0.48
冷媒・制御方式
R134a 、キャピラリチューブ R410A、キャピラリチューブ
概略質量 kg
356
384
409
 
■空冷式(コンプレッサ単体型)
 
  SG100A [H]Ⅲ-7.5 SG155A [H]Ⅲ-11 SG235A [H]【HH】Ⅲ-15
概略質量 kg
326
354
369
 
吐出し空気量は、圧縮機吸込み条件に換算した値です。
出口空気露点温度は大気温度30℃、0.83MPa時の値です。
吐出し空気量はドレン析出時には約3%減少します。
必ず当社純正油“EXTRA-OILを充填してご使用ください。
騒音値は、無響音室にて、パッケージ前後左右4方向1.5m、高さ1.0mで全負荷時の測定値です。
圧縮空気は、直接人体に吸引する呼吸器系の機器には使用できません。
コンプレッサは設置場所の周囲空気によりユニット内を冷却していますので、
周囲温度が40℃を超えないように換気などに配慮してください。
外観・仕様につきましては予告なしに変更することがあります。
使用モータ枠は定格出力のS.F=1.1としています。
 
 
   
All rights reserved, 2003, Copyright (c) KOBELCO COMPRESSORS CORPORATION ページ先頭へ