KOBELCO
ご質問から資料請求までお問合せ

WWWを検索 kobelco-comp.co.jpを検索
サイトマップ
HOME > 製品案内 > コンプレッサ周辺機器 > ヒートレスドライヤ
製品案内
HeatlessDryer
製品紹介ページへ戻る
KMシリーズスペック一覧

KMシリーズロゴ

  出口空気露点 圧力下−40℃の低露点高品質エアーを供給。
 
コンパクト軽量設計で、末端設備での使用に理想的。
壁面への据付けが可能。
 
  低騒音設計。


KMシリーズ
 
標準仕様
 
 
KM002
KM003
KM006
使用流体
圧縮空気
使用圧力範囲 MPa
0.4〜1.05
入気温度範囲 ℃/%
5〜50/飽和以下(水滴なし)
周囲温度範囲 ℃
2〜40
入口最大流量 L/min
80
170
350
最大パージ空気量 L/min
17
34
74
出口空気露点 ℃
圧力下−40(大気圧下−58)
吸着剤交換時期
10,000時間又は2年
騒音値
75dB(A)以下
電源(単相) V
100/200
周波数 Hz
50/60
消費電力 W
100以下
再生方法
減圧再生方式
吸着筒切替(コントロール)
電気式コントロールタイマ
吸着剤
モレキュラーシブ グレード13X
吸着剤充填量(乾燥状態)kg
1
2
材質(吸着筒)
成形アルミ構造、ASME VII に準拠
吸着筒防錆加工及び塗装
アロクロアルミ処理加工、エポキシ塗装仕上
入口/出口用フィルタ
KA-4/KR-4
エレメント交換時期
5,000時間又は1年
入口/出口配管接続口径
Rc1/4
概略寸法 mm
159×92×370
質量(幅×奥行×高さ)kg
5
7
9
ページ先頭へ
 
処理空気量はコンプレッサの吸込状態(大気圧)に換算した値です。
入口空気に過飽和水分(水滴)が混在すると、性能維持が困難となり故障の原因となりますので、一次側には必ずKOフィルタ(1μm)に相当するフィルタを設置してください。
各ドライヤにはドライヤ入口用にKAフィルタ(0.01μm)、出口用にKRフィルタ(1μm)が付属しています。また一次側にKOフィルタを設置した場合、KAフィルタと接続するキットも含まれています。
騒音値は無響音室にて前方1.0m、高さ1.0m、パージ時で測定した平均値です。
電源電圧は定格の±10%の範囲でご使用ください。
エアの品質(粒子・水分・油分)は、ISO8573.1におけるClass1.2.1に相当します。
   
製品紹介ページへ戻る
KEシリーズスペック一覧

KEシリージロゴ

  ホットエアパージによるエネルギーロスを徹底的に抑えるDDS制御を標準装備。※KE012〜030はオプション対応
 
出口空気露点 圧力下−70℃仕様も対応可能(オプション)。
LEDディスプレイによるモニタリング機能搭載。
 
  モイスチャインジケータによる、露点管理が可能。


KEシリーズ
標準仕様
 
 
KE012
KE015
KE020
KE025
KE030
KE040
KE050
KE060
KE080
使用流体
圧縮空気
使用圧力範囲 MPa
0.4〜1.6
入気温度範囲 ℃/%
5〜50/飽和以下(水滴なし)
周囲温度範囲 ℃
2〜40
入口最大流量 m3/min
0.67
0.9
1.18
1.48
1.82
2.47
2.97
3.63
4.92
最大パージ空気量 m3/min
0.136
0.181
0.238
0.3
0.368
0.498
0.6
0.736
0.997
出口空気露点 ℃
圧力下−40(大気圧下−58)
吸着剤交換時期
10,000時間又は2年
騒音値
75dB(A)以下
電源(単相) V
100/200
周波数 Hz
50/60
消費電力 W
100以下
再生方法
減圧再生方式
吸着筒切替(コントロール)
電子式コントロールタイマ
露点依存切替機能(DDS)
オプション
標準装備
吸着剤
モレキュラーシブ グレード13X
吸着剤充填量(乾燥状態)kg
4
6
8
10
12
15
23
27
34
材質(吸着筒)
成形アルミ構造、ASME VII に準拠
吸着筒防錆加工及び塗装
アロクロアルミ処理加工、エポキシ塗装仕上
入口/出口用フィルタ
KA-11/KR-11
KA-15/
KR-15
KA-22/KR-22
エレメント交換時期
5,000時間又は1年
入口/出口配管接続口径
Rc3/4
Rc1
概略寸法
(幅×奥行)mm
220×302
220×566
(高さ)mm
837
1,003
1,168
1,333
1,499
1,747
1,433
1,599
1,847
質量 kg
32
37
42
47
52
60
80
90
104
ページ先頭へ
処理空気量はコンプレッサの吸込状態(大気圧)に換算した値です。
DDS機能は、処理空気条件により再生空気は排出停止の状態となるため、吸着筒切替時間は変わります。
入口空気に過飽和水分(水滴)が混在すると、性能維持が困難となり故障の原因となりますので、一次側には必ずKOフィルタ(1μm)に相当するフィルタを設置してください。
各ドライヤにはドライヤ入口用にKAフィルタ(0.01μm)、出口用にKRフィルタ(1μm)が付属しています。また一次側にKOフィルタを設置した場合、KAフィルタと接続するキットも含まれています。
騒音値は無響音室にて前方1.0m、高さ1.0m、パージ時で測定した平均値です。
電源電圧は定格の±10%の範囲でご使用ください。
エアの品質(粒子・水分・油分)は、ISO8573.1におけるClass1.2.1に相当します。
   
製品紹介ページへ戻る
All rights reserved, 2003, Copyright (c) KOBELCO COMPRESSORS CORPORATION ページ先頭へ